ドイツ語エッセイ100本ノック二篇目~ニコラ・テスラ

ドイツ語

ストックが溜まっているのでどんどん放出していきたい。2回目のテーマはドイツ語の講義で取り扱った有名な人の簡潔なBio。ニコラ・テスラを選択した。(ホーキング博士と迷った)一応、大学の大先輩にあたるし書きやすいだろうという理由で。

Die Biographie von Nikola Tesla

Nikola Tesla ist 1856 in einer Gegend von Österreich, im heutigen Kroatien geboren. Als er neunzehn Jahre alt war, begann er sein Studium im Bereich der Elektrotechnik an der Technischen Hochschule in Graz, der heutigen TU Graz. Obwohl er sehr gute Leistungen an der Uni erbrachte, konnte er sein Studium nicht mehr weitermachen, weil sein Stipendium gestrichen wurde. Danach hat er versucht, an einer anderen Universität mit Stipendium sein Studium fortzusetzen, aber das konnte er nicht. Schließlich ist er 1984 nach New York gefahren, um bei Thomas Alva Edison zu arbeiten. Er ist 1943 in New York gestorben.


日本語訳:
ニコラ・テスラは1856年に現在はクロアチアであるオーストリアの地域で生まれた。
彼は19歳のとき、グラーツ工業専門学校、現在のグラーツ工科大学にて電子工学を
学び始めた。学校で非常に良い成績を収めていたが奨学金が途切れたため彼は大学生活を続けることはできなかった。その後、他の大学で奨学金付きで勉学を続けることを試みたがうまくできなかった。1984年、ついに彼はエジソンの会社で働くためにニューヨークへと渡米した。そして1943年、ニューヨークで没した。

終わってみればたったの100語。ニューヨークに渡ってエジソンと論争を繰り広げるところが本番なのに。課題へのやる気のなさが垣間見える。ただニコラ・テスラに関しては今度1000語くらいの長いやつを書きたい。ちなみに以前、ドイツ語勉強用にニコラ・テスラの伝記をオーストリアの技術博物館で購入した。まだ読んでいない。読まなきゃ。

終わり


コメント

タイトルとURLをコピーしました