RF

Scikit-RFを使ったRF回路解析と設計1 伝送線路と同軸ケーブル

Scikit-rf(以下、skrf)というPythonのRF回路解析・設計用モジュールがある。高周波回路解析に必要な機能はだいたい備わっている。Touchstoneファイル (.sNp)を読み込んでSパラメータをスミスチャート上に表示した...
研究生活

何者と承認欲求

基本的に「何者」(著:朝井リョウ)という本を読んで思ったことがメインの話。なのでネタバレ有 この本とっても面白かった。(小並感) 寝る前の読み物としてはこれくらい軽いものが良いのかもしれない。前半は少し読むのが怠かった...
留学・研究生活

オーストリアの大学博士後期課程D1を終えて

グラーツに引っ越して1年と8か月、グラーツの大学で正式に雇用されて1年と半年、そして博士課程(Doctoral School)に入学してから1年と2か月が経過した。普通はProject Assistantとしての雇用とPhDがスタートする...
留学

パンデミックと外出禁止令とリモートワーク

生存報告がてら更新。 世界中で猛威を振るっているCOVID-19(コロナウイルス)。一番影響を受けている国の一つであるイタリアと隣接しているオーストリアでも感染確認者は日に日に増している。(3月26日現在で5000人以上) そ...
研究生活

ニューラルネットワークについて勉強したい(第0回)

※注 本記事には特にニューラルネットワークに関する技術的な記述は含まれておりません。 最近、ニューラルネットワークを用いたマイクロ波回路設計に関する論文を読んだ。ついにニッチなこの分野にも機械学習の流行の波が押し寄せてきたか...
留学

オーストリアでのAcademic Title学位の価値について

先週、大学職員用の名刺を作ってもらいました。やはり研究プロジェクトを通して外部の企業の人と顔を合わせる機会が多いので必要かな、と。 ちなみに表はドイツ語で裏は英語表記です。大学の所属研究グループ、研究所の住所や電話番号以外には肩書き...
留学

ヨーロッパの博士課程留学事情〜オーストリア・ドイツの場合〜立志編

今回は表題の通りでヨーロッパの大学の博士課程留学事情を少し紹介します。自分の体験に基づくオーストリアの場合と似通っているシステムのあるドイツのPhD課程の入学申請までに焦点を当てています。ドイツのStructured PhDプログラムとは異なる部分があります。
留学

ヴルカヌス・イン・ヨーロッパでの企業研修を振り返る〜ヨーロッパ企業での1日の流れ編〜

前回に引き続きVinE振り返り記事です。今回はヨーロッパ企業で働く人の実際の1日の流れに焦点を当ててみます。ヨーロッパの中での”オーストリア”の”電子部品メーカー”の”研究開発部門”で実際に働いた経験をもとに働く人々の1日はどういったものなのか紹介します。
留学

ヴルカヌス・イン・ヨーロッパでの企業研修を振り返る〜仕事の進め方編〜

ヴルカヌス・イン・ヨーロッパでの企業研修を振り返った。仕事の進め方で役に立ったと思うことを今後の自分のためにまとめました。
研究生活

今日の気まぐれ日記4〜初めての学会発表を終えて

自己表現力やプレゼン力を上げるうえで論理構成と内容のレベルを吟味することは欠かせない。 開始早々何言ってんだこいつって感じですが、僕が今期に入ってから特に悩み始めたことです。 日記というよりは備忘録となります。 今年の夏休み中に学会発表と...
タイトルとURLをコピーしました